ゴール

青年部活動にゴールはあるのか?

皆さん… 一度は考えた事ありませんか?

役職が終わったとき…
卒業したとき…
学ぶべきことが無くなったとき…
人によって様々だとは思います。

私の個人的な見解は、「ゴールは無い」です。
青年部は学びの場であり、仲間作りの場でもある。
そう思っております。

さて…
学びや仲間作りにゴールはあるでしょうか?

人間は生涯をかけても、学びや仲間作りが終わる事はありません。
人は生きている限り、学び続けるし、仲間を作り続けるのです。

であるならば、学びや仲間作りが目的の青年部にゴールなんかある訳がありません。
「ゴールは無い」。
綺麗ごとではなく真理だと考えます。

しかし「終わり」なら二つあります。

先ず一つ目は、誰にも平等に卒業という節目がやって参ります。
これは、寿命みたいなもので、どうしようもありません。
しかし、この卒業と言う節目があるからこそ、
充実した青年部活動が行なえるのです。
もし、永久に続いていたら、ダラダラになってしまうでしょう。
卒業までという見切りこそ、青年部活動を一生懸命になれる原動力の一つでしょう。

そして二つ目は、「ヤル気と言う心の炎」が消えた時です。
何とかなるようで、これもまた卒業と同じ様にどうしようもありません。
仕事が上手く行かない。または忙しくなる。部長等の役が任期満了。
青年部モチベーション5年説等々…

ちなみに青年部のモチベーションは5年が限度と言う説が
都市伝説の様に囁かれております。それが青年部モチベーション5年説です。
根拠は無いのですが、恐らく今までの青年部員がフェードアウトするのが
活動し始めて5年くらいだから、噂されたのでしょう。
聞いたことある方も多い筈です。

青年部活動に賃金はございません。 みんな、有志一つで活動しております。
ヤル気が無くなってしまったら、活動をする理由がどうしても無くなって
しまいます。
どうしたらいいのでしょうね…

私は思います。
ヤル気は環境によって消えてしまう時は、どうしても消えてしまいます。
しかし、オリンピックの聖火みたいに炎を絶やさぬよう、努力は出来るはずです。
普段から、自分のモチベーションが下がらないように管理する事が、
とても重要と考えます。
どうすれば自分のモチベーションが、上がるのか?下がるのか?
普段から把握しておくのが第一歩ですね。

では「ヤル気と言う炎」が消えてしまった場合、再燃できるのか?
正直言うと、経験上かなり難しいと思います。
まぁ…不可能ではない。
そのくらいの難しさだと思います。

しかし、それは外からの働き掛けで解決するのが難しいと言う事であって、
周りの環境や本人の考え方の変化で、再燃する事はあるみたいです。
それを待つしかないと言うのが、現実的なところでしょう…

そう考えると「ヤル気」って言うのは、宝みたいなモノなのでしょうね。
現に持っているときは、気付かないようですが。

まぁ、それは青年部活動だけに言えた事では無いと思います。
仕事でも家庭でも遊びでも… ヤル気は必要不可欠です。

では、ヤル気があるのに卒業を迎えてしまった場合、どうなのか?

その場合、青年部を卒業してから尚、青年部で学んだ事を活かし、
商売に家庭にと。
または、地域で団体や組織を自分で立ち上げるなど。
卒業しても尚、学びを得、仲間を増やしていく。
これは、まだ青年部員としての魂が終わってない事を意味します。

だから…

もし、青年部活動にゴールはあるのか?
と聞かれたら…

ちと違うかもしれないけど…
「ゴールは無い」と答えます。

「終わった」状態ではなく、
いつまでも「ゴールは無い」状態であり続けたいものですね。

それに…
ゴールってなんか寂しいです(笑)

それでは、また明日!
(^_^)/~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です