テンション

部長に就任する時に、ある委員長からお願いされた事があります。
「常にテンション高くあって下さい」 今年度の体制の中で唯一、2度目の委員長。
市長と一緒にまちづくり委員会 並木祐太委員長からの願いでした。

並木委員長には今年度、
「地下鉄12号線の勉強会」
「新年の市長に講演頂く勉強会」 の2つの勉強会を見事に成功させてくれました。
地下鉄12号線の勉強会については、当日までに気が遠くなるほどの 打合せが
有ったと聞いています。 委員会での議論と協議、市長との打ち合わせ等々…
また、新年の市長に講演頂く勉強会についても沢山のリハーサルを重ねての
勉強会であったと聞いています。

2つの勉強会共に他の事業に比べて、打合せやリハーサルを数多くこなさなけれ
ばならない 事業で、結構な苦労や負担があったのではと思います。

しかし、並木委員長をはじめとして委員会メンバーの雰囲気が
とても良かったのが印象に残っています。

部員拡大活動についても委員会ごとの拡大実績は群を抜いていました。

当然に細かい配慮や気遣いは、多々あった事と思いますが、
委員会の明るい雰囲気と行動力は、並木委員長の人間力の賜物です。

今思えば「常にテンション高くあって下さい」の願いは、
青年部長として一番重要な事かも知れません。

青年部は若手経営者による団体。
地域で青年部より経験豊富な先輩達が 所属又は運営している団体は
数多くあります。
その数多の団体の中で、未熟者の若手経営者の集まりである青年部が
唯一負けてはならないものが あります。

それは…「元気」です。
地域の若手経営者の元気は、地域の希望そのものです。
青年部は常に元気でなくてはなりません。

そして青年部の元気は、まず部長のテンションからです。

部長がテンション低かったら、青年部は元気にならないどころか、
活動したら元気が無くなる団体になってしまいます。
並木委員長の願い通り今年度は、テンション高くあるように努めました。

…うるさいと言われるくらいに(笑)

並木委員長!
また並木委員長を支えて下さった、市長と一緒にまちづくり委員会の
メンバーのみなさん!
委員会の運営から、部員拡大まで本当にありがとうございました。
<m(__)m>

今度は私の方から並木委員長にお願いしますね。

これからの青年部活動。
あなたの人柄で常にテンション高くあって下さい。

…最後に
自分は部長として本当にテンション高くいられただろうか?
これで良かったのだろうか?

たった今、並木委員長に電話して聞きました。

…「暑苦しかったです」と最高の褒め言葉を頂きました(笑)

本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です