【事業告知】 献血事業2018.07.05@新座市役所

2018.07.05(木)@新座市役所

今年は【繋がる献血】をテーマに献血事業を行います。

突然ですが、献血について皆さんはどれくらいご存知でしょうか?

青年部でも献血は毎年の事業として取り組んでいますが、意外と知らない事も多かったです。

改めて皆さんにご紹介させて頂ければと思います。

まず分かりやすい動画がありましたので、ご紹介!

 

・毎日約3000人分の血液が必要

・血液は長期保存が出来ない

・血液は人工的に作れない

・がんの治療に約40%使われている

・若い世代の献血者数が10年で約100万人減少

などは改めて献血が必要なんだと感じる点でした。

 

実際に健康な方でしたら、身の回りで輸血が必要な場面に出くわす事は少ないと思います。

新座市商工会青年部員もほとんどがそうです。

しかし、例えば10年後果たして今と同じ健康な状況と言い切れるでしょうか。

また、自分ではなく【大切な誰か】が輸血が必要な時もくるのではないでしょうか。

こちらは急性リンパ性白血病を発症し、輸血を経験された友寄蓮さんの体験談を映像化したものです。

 

身近な誰かとまだ見ぬ誰かの為に。

献血をまだした事がない

という方にも今回は少しだけ勇気とお時間を頂ければ幸いです。

 

***約40分であなたにも救える命がある***

 

こちらもリンクをご紹介しておきます。

小児がんの子供が輸血用の血液を“アンパンマンのエキス”と呼んでいました

その訳とは・・・

http://www.tss-tv.co.jp/news/anpan/

 

その他新しい情報は随時更新して参ります!

皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

社会貢献委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です