新座市に「あったらいいな」を考える!

2017.10.28
青年部45周年事業の勉強会 ‐周年事業実行委員会‐

来る平成30年、新座市商工会青年部45周年事業に向け、
勉強会を開催しました。テーマは新座市に「あったらいいな」です!

前半に講演、後半にグループディスカッションと2部制で実施されました。
講師には、観光人口ではなく、交流人口を増やしたいと地元軽井沢で
地域デザイン事業に取り組んでおられる星野 雅弘さんをお招きしました。

今回のテーマである新座市に「あったらいいな」を考えられるように
講演構成も、1,地元への想い 2,こだわるべきポイント 3,想いを実現するには? など
2部のグループディスカッションにつながる内容で講演いただき部員全員が真剣に聞くことができました。

特に星野さんが手がけた、浅間モーターフェスティバルは部員釘付けです(笑)
軽井沢は日本で一番最初のサーキット場が作られた場所。その歴史、文化、伝統を
今に伝える事業として通じるものがありました。

講演で得たヒント、考え方をもとに2部のディスカッションも活発な意見が飛び交いました!

新座市に「あったらいいな」を考える。簡単なようで難しいテーマに今回はチャレンジしています。
いろいろな人たちから力をもらい、それを100名を超える部員全員で考える。
〇〇×100=無限∞ この大きな大きな力を最大限発揮して来る45周年に挑めたらと思いいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です