当たり前で重要な気付き

今日も加藤専務と部員拡大活動に行って参りました。
もう少しで目標を達成できそうです…
しかし油断大敵。 任期中、気を抜かずに進めて参ります。

しかし、人には様々な事情があるという事を改めて思い知らされました。
青年部に加入しない理由、出来ない理由、加入したけど活動しない理由等々…

かくいう私も、活動し出したのは6年ほど前で、それまでは全く活動に出てこない
所謂レアキャラってやつでした(笑)

父の他界をきっかけに、たまたま目に入った一枚のFAX…
気紛れで行ったのが始まりでした…
そこで青年部に魅力を感じて、今に至ると…そんな感じです(笑)

今でも鮮明に覚えているのは…
青年部活動に出るように誘ってくれた先輩達は 卒業するまで、
ずっと私の面倒を見てくれました。 今でも深く感謝しています。

今年は部員拡大を目標に掲げています。
多くの方に新入部員として加入して頂きましたが「加入」にせよ、「活動」にせよ、
やはり誘う方にも誘った責任と言うものがあると思います。

誘って、それに応じてくれた方とはそこからがスタートであり、ゴールではありません。
今年度、沢山の新入部員の方がおりますが、その方達に「加入して良かった!」
と思って頂くことが我々青年部員の責任であると…
今更ながらそんな当たり前で重要な事を実感した大西でした。

その気付きを無駄にせぬよう、残り任期+4年間。頑張って参ります。

<m(__)m>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です